マル適マーク

マル適マーク福岡の宗像市、福津市の方を中心にご縁のお世話をしているブライダルサロンPineのカウンセラー安永です。みなさん、結婚相談所にも〇適マークがあるってごぞんじでしたか?今年は、Pineの更新年に当たっているので、書類をそろえるのに大わらわです。

今日は、結婚相談所の〇適マークについて語ります。

お問合せ

そもそも、〇適マークって何?

〇適マークという言葉自体は、Web辞書では「防火基準適合表示の通称。旅館やホテル、劇場など公衆の集まる施設の防火管理が十分であると判断したとき、消防署が交付する㊜のマーク。」とかかれていました。つまり、ある基準に適合しているかどうかを証明してくれるマークのことです。結婚相談所における〇適マークは、第三者機関が経済産業省ガイドラインを準拠したサービス・運営内容となっているか審査し、認証発行しています。

すべての書類審査とインタビューで認定を審査

書類は、お客様に配布するすべての書類と会員さん募集段階でお配りするものなど、相談所を運営するうえで、利用するすべての書類の提出を求められます。もちろん、書類審査だけではなく、事務所に来られて、会員さんからの必要書類がきちんと受領されているか、経営状態が健全かどうかを確認するために確定申告状況なども審査の対象となります。そのほか、事業に従事する人全員の住民票の提出を求められたり、かなりヘビーな審査があります。もちろん、ダメだしされた時には、きちんと改善されたかどうかを確認してもらわないと〇適マークを発行してもらえません。いい加減な取り扱いができない仕組みになっています。

2年に1回の更新審査などもあり、一度取ったら取りっぱなしなんてこともできない認証です。だからこそ、信頼もできると言えるのではないでしょうか?

安心と安全のためのしくみが〇適マークです

お見合いですから、まず最初の入り口は、プロフィールというデータになります。お見合いの入り口のデータが信頼できないと、結婚という人生を左右する出口に進むことができなくなります。年収だったり、年齢だったり、ご住所、あなたは、何が気になりますか?そのデータが信用できないなら会見合いなんてできませんよね。信頼できるデータだからこそ、お相手の人となりを確認するという点に集中して、お付き合いをトントンと進めていくことができるのです。

結婚相談所の〇適マークは、2つの認定機関があって、私の入っている「日本ライフデザインカウンセラー協会」は、大企業の相談所向けとPineのような個人相談所向けの2種類の審査を手掛けています。皆さんに安心して活動していただける環境づくりにこれからも頑張っていきたいと思っています。

#結婚相談所
#婚活パーティー
#お見合い

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事