選んでもらえるプロフィール作り

宗像市の結婚相談所ブライダルサロンPineのカウンセラー安永です。

結婚相談所での出会いのスタイルといえば、鉄板である「お見合い」ですが、このお見合いのお相手探しをする際に何が決め手になるのでしょうか?

写真の撮り方や、プロフィールの内容について、工夫することで、お見合いの申し込みのOKの数や、お申し込みの来る数が違ってくるってご存知でしたか?今日は、ちょっとしたコツを書いてみました。

お写真は、写真館で

お相手選びの基準は、人それぞれいろいろあるのですが、なんといっても「お写真」は大事な要素のトップです。人は見た目が100%なんていう失礼な番組があっていましたが、まったく違うのかというとそうでもなくて、お写真の印象で、お見合いの申し込みや申し込まれの数が、グッと違ってきます。一生の流れを左右する結婚の相手を決めるのですから、お写真代がもったいないなんて言わずにシッカリ気合を入れて撮りましょう。

男性は、なんちゃってイケメンで構いませんので、自信をもってお写真撮りに臨んでください。さわやかで清潔感のある雰囲気が大切です。服装は、ダブダブのスーツは、だらしない印象になります。少し窮屈かもしれませんが、ストレートのスリム型パンツのスーツがお勧めです。

背筋をのばして、キリっと胸を張ったスタイルが女性の印象が良いようです。撮影の際カメラマンの方が、真正面から撮ることは、あまりなくて、少し斜めから撮られます。いつもとは、勝手が違うと思いますので、しっかりカメラマンの要求に答えてカッコイイ写真を撮ってくださいね。

女性は、自分のイメージする女性像になるようにヘアスタイルやメイクを工夫しましょう。自分では難しいと思うときは、ヘアとメイク付きのお写真がありますので、スタイリストさんに相談して自分の雰囲気を活かしたヘアスタイルやメイクにするようにしましょう。また、お見合いの際に再現できるよう、メイクさんにお化粧のコツなどを教えてもらうようにすると、お見合いの時にもお写真に近いメイクで臨むことができます。

服装は、女性らしいブラウスにスカートのスタイルやワンピースでしたら、カーディガンなどを羽織って、ウエストラインで上下の感じが変わるようなスタイルにしましょう。表情は、カメラマンさんがいろいろ話しかけたりして素敵な表情を引き出すよう工夫されますので、楽しむ気持ちで撮影に臨んでください。楽しい気持ちを持つと、明るくイキイキとした表情になります。

男女ともに言えることですが、自分の選びたいお相手に合わせて自分の写真づくりをしましょう。清楚な雰囲気が好きな人、かわいらしい雰囲気が好きな人、がっちりしたスポーツマンタイプが好きな人、インテリなタイプが好きな人、人それぞれに好みがありますが、自分が選んでほしいお相手が想定するような人に自分を寄せていくことを考えましょう。

差別化できるプロフィール

お写真の次に問題になるのが、プロフィールです。これについては、虚偽の内容を書くのは、厳重に禁止されています。とにかく事実に基づいて誠実にシッカリ記入してください。では、書き方の部分で良い印象を持っていただくことのできるのは、どの部分かというと、自己紹介、趣味欄とお相手への希望です。

自己紹介

自己紹介は、自分の書きたいことを書きたいように書けるのですが、思い込みで書いてしまうと大失敗をしてしまう原因になります。プロフィールは、見てもらって初めてご縁につながるわけですから、読むのがおっくうになるほど長い文章は、控えましょう。家庭を持ちたいと思った理由や、日常のご自分の様子が分かるような内容、そして、これからの希望などを盛り込むと良いでしょう。この時に、内容がお相手にどう伝わるのかをよく知っているのが相談所の仲人になります。仲人型の相談所では、プロフィールの記入の際は、お相手に自分のことを印象良く伝えるためにはどう表現したらよいかなど、しっかり仲人さんと相談して書くようにすると良いプロフィールとなります。

趣味欄

趣味の欄は、自分の内面を表す欄だといえます。読書やDVD鑑賞といったインドアが好きな方、多くの人と立ち混ざるよりは、ゆっくり家で楽しむほうが好きな人なんだろうと想像されると思います。また、ハイキングや登山といったアウトドアが好きな方、キャンプなどアウトドアでも人といろんなことをするのが好きかなと想像される方といったように趣味によって行動を連想することが可能です。また、海外旅行が趣味と記入すると男性にとっては少しハードルの高い女性なのかな?と思われる場合もあります。

お相手への希望

お相手への希望欄。これは、ご自分がどんなお相手を希望するのかを記入する欄になります。仲人型の相談所では、仲人さんがアドバイスをしたり、ご本人の希望を聞いて記入することがほとんどですが、ご自分で修正もできる場合もあります。「控えめで穏やか、素直な女性」を希望すると書くと普通じゃない?と思われる方も多いと思いますが、これって男性側が女性に対して、自分の言うことを「はい」と何でも聞くことを望んでいる人かな?と受け取られるかもしれませんので、慎重に考えて記入したいところです。事細かに自分の希望ばかり記入したりするのは、避けましょう。この欄は、明るい方、優しい方、誠実な方といった間口を狭くしない書き方が良いようです。まずは、広くお会いしていただける方を募集しましょう。

家族欄は必要か?

結婚相談所という形式がなかった時代では、お世話好きな方が釣り書きと呼ばれるプロフィールを預かって、写真とともにお相手にお見せして、直接人を介した形でお世話していました。今、時代が移りネット上で情報を探して申し込みをしたりされたりする中でお相手を選ぶことがほとんどです。育った環境が似ている方が、価値観や考え方が近いのでご縁になりやすいというのは、昔も今も同じのようです。

家庭環境が似ているのかどうかは、家族欄をみる方がほとんどです。例えば、ご兄弟の数だったり、家族構成だったり、学歴や年齢なども参考にしつつ、私たち仲人もお相手をお探ししたり、お勧めしたりしています。家族欄の記入は、ご本人の希望によって記入できる部分になります。ご本人が公開しないことを希望される場合は、プロフィールに家族欄を表示しない形になりますが、公開しない場合、公開できない理由があるのかな?と思われることがありますので、差支えがない範囲で構成くらいは、記入しておくと良いでしょう。

まとめ

お相手を探す入り口は、お写真とプロフィールになります。できるだけ良い印象を持ってもらえる内容にするという当たり前のことを言ってしまうわけですが、ちょっとしたことがご縁につながるかつながらないかの分かれ目になります。基本は、誠実に記入する、お写真は、自分が気に入るかではなくて、人から見てどうかが大事です。仲人型の相談所では、細やかにプロフィールのことなどを相談できる環境があります。ご自分の希望は、仲人さんに伝えておくと仲人型では、紹介をしていただける機会もありますので、幅が広がります。ぜひ、自分に合った婚活をお申し付けください。


婚活アドバイス・婚活応援ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事