スタンダードプラン

スタンダードプラン宗像市の結婚相談所ブライダルサロンPineのカウンセラー安永です。

ご相談にお見えになる方に、どんな人をご希望ですか?と伺うと「いい人がいれば結婚したい」とお答えをいただくことがよくあります。でも、この「いい人がいれば結婚したい」は、かなりの曲者なんです。カウンセラー泣かせの「いい人がいれば結婚したい」について今日は、書いてみました。

いい人の定義がはっきりしない

では、いい人ってどんな方でしょうか?とお尋ねすると

・普通の人でいいんです
・特に希望はないんです

うんうん、そうだよね、と思った方は、要注意です。普通というのは、自分の考える普通であって、それは、誰にも分らないのです。ご本人のみ分かってて、なおかつ具体的なイメージがご本人にもわからない。カウンセラーにとっては、答えのない問題を出されているようなものです。もちろん、わたくしたちは、プロですから、それとなく質問しながら、その方の考えるいい人を具現化していきます。希望していることをしっかり分かったうえで探していくことをしないと探せませんよね。また、お見合いした経験もいい人の具体化にシッカリ役立ちます。よくわからないときは、ひとまずお会いしてから判断するということも必要になってきます。

お相手を受け入れていますか?

いい人探しを始めると「この人でもない」「あの人でもない」ときりがなくて決められない人がいます。いい人の定義が、はっきりしていないことも原因ですが、そもそもお相手を受け入れる考えは置いておいて、自分に寄り添って自分を受け入れてくれる人といった、自分ありきの考えで動いてしまうと、自分に合った人がいないという結論になってしまいます。十人十色というように、人の数だけ考え方や行動があって、相いれない部分があるのは、当たり前という考え方も必要になってきます。自分にピッタリ合う人は、自分しかいません。そんな自分の中にも、自分自身嫌いな部分もありますよね。

結婚したいのか、いい人と結婚したいのか

ここで、最も重要なことを振り返ってみましょう。結婚をしたいと思っているのか、いい人がいたら結婚したいと思っているのか?どちらでしょうか?

★結婚をしたいと思っているなら、いい人の定義をとっとと決めて自分の許容範囲を超えない人を真剣に期限を決めて活動していきましょう。

★妥協してまで結婚したいわけじゃないと思っているなら、時間がかかることを理解して活動しましょう。

まとめ

先ほども言いましたが、自分でもわからないいい人探しを始めるときりがなくていくら時間があっても足りません。時間は、容赦なく進んでいきます。子供を持つことのできる可能性だったり、家を持つ夢だったりとか、かなえたいことがあるなら、タイムリミットがあることも理解しておきたいですね。また、親の介護が始まると結婚は思うように進みませんし、自分の容姿や健康も劣化していきます。実は、時間が進むほどに自分の持っている条件も悪くなるという現実もしっかり考えておきましょう。結婚は、人生設計という大きな視点で考える必要があるといえます。


婚活アドバイス・婚活応援ランキング

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事