え~!事務連絡?デートの誘いに思えない
電話で

福岡県の宗像市、福津市を中心に結婚相談所を主催しているブライダルサロンPineの安永です。

結婚相談所での活動の中で、最初にお相手にお会いするのはお見合いがスタートになります。お見合いでの会話も弾んで、お相手も好印象!となりましたら、すぐに仮交際へと進むことになります。

仮交際になったら、最初のアプローチは、男性のファーストコールと決まっています。ファーストコールの中で話す内容は、お見合いのお礼と次のお会いするお約束を決めることになります。これが、一筋縄ではいかないことが・・・

お見合いでの印象が良かっただけに

そもそもですが、お見合いから仮交際までのお二人の間で、日時や場所を決めるのは、仲人が取り持ってくれますから、ご自分は、自分の希望を私たち仲人に伝えるだけで済んでしまいます。

ところが、ファーストコールの中では、それを直接お相手とやり取りしながら決めていく必要があります。まだ親しくなっている段階ではないからと「事務的な応対をする人」もいれば、仮交際になったのだからと「恋人、友達感覚で応対する人」もいて、いずれもお相手がどう受け取るかで、お相手のモチベーションがダダ下がりの原因になることもあります。

話し合い風で初回デートを決めていきましょう

先日も、ファーストコールの後、女性から電話で、「ファーストコールの印象が悪くて・・・」というご相談がありました。

お話をよく聞くとちゃんと日時も場所も決めることができたのことですから、決して、悪くないと思うのですが、女性のイメージしていたファーストコールと違っていたようです。

「私は、コミュニケーションを取りながら決めたかったのに・・・」とおっしゃるのです。詳しく話を聞いてみると〇〇がいいと思いますといえば、男性が「では、〇〇で」と女性が決めている感があって、「え?」これでいいの?と思ったとのことでした。わたくしたち仲人から見ると男性のタイプとしては、よくあるタイプで女性の希望に合わせれば、女性は満足すると思っている方ですね。男性にしてみれば、「女性がいいというところならそれに合わせます」それのどこがいけないのだろう???と思うでしょうね。

<例>

男性:次にお会いするのは、いつがいいですか?

女性:〇日と〇日が空いています。

男性:じゃ、〇日で、場所は、どこにしますか?

女性:中間地点の〇〇は、どうですか?

男性:わかりました。〇〇ですね。

といった感じだったようです。この会話で足りないのは、男性からの提案です。まず、会いたいと思っているなら、自分は、いつが空いてますというべきですし、場所は、ひとまず男性が女性側の近くまで行きましょうか?という姿勢があるとベストですが、そうでないにしても、女性にも不便のない場所を提示しましょう。

また、彼女がいかがですか?と言ったら何か感想を言いましょう。例えば上の例でいえば「中間地点まで来ていただけるんですか?ありがとうございます。助かります」と言えばかなりポイントアップです。

言葉足らずは誤解の元

会話が苦手な男性は、多いと思います。特にまだ1回しか、それもお見合いという特別な機会でお会いした女性に電話をする、とても緊張を強いられる場面だと思います。

上手な言葉をスラスラと言えるのであれば、モテモテでいつまでも独身でなんかいませんよ!という返事が返ってきそうです。女性もこのあたりのことをちょっとだけわかっていただけたらなぁと思います。

実直で真面目なタイプは、スラスラと女性の好む言葉が思い浮かばない男性が多いのです。その分、旦那様となれば、奥様となるあなたの希望に沿うように動いてくれますし、もし、提案をしてほしいと思っているのなら、「Bさんは、どこか行きたいところはありませんか?」と女性が助け舟を出してあげてもいいと思いますよ。

婚活は、積極的に動いたもの勝ちです。男性にああしてほしい、こうしてほしいと自分の期待をかけることが大事ですか?いえいえ、結婚するためにここにいるのですから、男性も女性もゴールを目指して積極的に行きましょう。

***********************************

Pineでは、随時無料相談をお受けしております。完全予約制ですとなっておりますので、ご予約は、お電話でもWebでも受け付けております---

TEL:0940-51-3004

24時間Web予約

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事