心ときめく恋愛から・・・未婚女子の誤解
寄り添う二人

寄り添う二人

福岡の宗像市、福津市の方を中心にご縁のお世話をしているブライダルサロンPineのカウンセラー安永です。結婚といえば、素敵な方とときめく恋愛をして晴れて一緒になれる喜びを分かち合うものなんて思ってませんか?実際に結婚を決めた人たちは、どうだったんだろうというお話です。

お問合せ

やったことがないので

先日、某所で未婚女子の意見を漏れ聞いて「え!」っと思いました。彼女曰く「だって、結婚してもいいと思うほど大好きになれそうな男性ってなかなかいないじゃないですか。いても売約済みだったりして」とおっしゃるのです。実際にお付き合いした人の中には、結婚してもいいと思うほど心ときめく恋愛にならなかった、素敵だと思う売約済みの人は、実際に付き合ってないわけなので、ときめくもなにもそれ以前の話ですよね。

結婚を決めるということをやったことがないのに、結婚を決めた人は、「恋愛結婚」の場合、心ときめいた恋愛の末結婚していると思っておられるようです。

嫌いじゃ嫁になれないけど

仲人というお仕事をしていると仕事柄か結婚のきっかけについていろいろとお話を伺う機会が多くなります。伺う中で大好きだったから結婚したというご意見はあまりなくて、次のような意見が多く聞かれました。

・なんとなくそんな話になったから結婚した
・まわりがどんどん堀を埋めてしまって気が付いたら結婚することになっていた
・彼といると楽しいし楽なので、
・優しいしお金の面倒をみてくれるので
・とにかく気を使わなくていいので
・なんでも話してくれて気が合うので

嫌いじゃ嫁にはなれないけれど、ご縁があるならご縁は結ばれていくものなのです。

まとめ・・・心ときめく恋愛って

この歳になっても、ドラマの中の素敵な恋愛の話は大好きです。で、自分はこれまでにそんな経験があるか?と問われると「ありません」と即座に言えます。大好きすぎてという気持ちを持つことができない人間のようです。若いころは、夫のことが大好きと言っていましたが、それは、心ときめく大恋愛ではないと知っていました。

いろいろな経験を重ねていくほど、心の揺れ動く幅は少なくなっていくので、ある程度の年齢になると心ときめく機会が少なくるのは当たり前です。若いころに心ときめく経験がない場合、もともと恋愛体質でないとも考えられます。

恋愛結婚の方も、相談所をご利用されたご成婚の方も、たぶん、結婚を決めるってこういうことなのかなと想像していたものとは違っていたのではないでしょうか?決める理由は、どちらもそう違っていないと思います。お相手を愛してというよりは、日常を愛することができる結婚生活が幸せへの道しるべなのではないでしょうか?

結婚をしたいと思っている方は、自分が楽でいられる人、日常を一緒に歩いてくれて寄り添い合える人を探しに来ませんか?結婚したい人がいる場所が結婚相談所です。

#結婚相談所
#婚活パーティー
#お見合い

おすすめの記事