普通って難しい

福岡の宗像市、福津市の方を中心にご縁のお世話をしているブライダルサロンPineのカウンセラー安永です。ご相談にお見えになる方から「普通の方を希望しています」とよく言われますが、これが一筋縄ではいかないのです。本日のお題は、普通って何だろうというお話です。

お問合せ

普通の基準は、人それぞれ

先日、ご相談に見えた36歳の女性の方に「〇〇さんのおっしゃる普通って具体的には、どんなかたですか?」とお尋ねすると「身長は、170くらいで、学歴は、大卒で・・・・・」と続くのです。ほかの方から見たときに、彼女の普通が普通と感じるかと言えばそうでもないのです。

長年仲人をやっていますと、普通という言葉には、ご自分の理想が裏打ちされているのだと感じております。

単純に普通という言葉でひとくくりにしてしまいますが、実は、普通の基準となる物差しは、ひとそれぞれで違っています。女性でしたら、一番身近にいるお父様が男性の物差しになっている方は多いと思います。男性なら、お母様でしょうか?

男性には、普通の方という言い方をされる方は、あまりおられなくて「やさしくて、料理の得意な方」というように案外具体的におっしゃる方が多いのです。でも、私が思うに男性のお相手を選ぶ基準は、口には、出されませんが、女性の「容姿」だと常々感じております。それも誰が見てもわかるくらいきれいな方、かわいい方、スレンダーな方を選ぶ方が多いようです。それと年齢ですね。

自分のことは普通だと思ってね

では、逆にご相談にお見えになられた彼女は、ご自分のことをどう思っているのでしょうか?たぶん、間違いなく、普通かもしくは、それ以上だと思っておられると思います。ご自分が普通以下だと口で言っている方でもそうは思っていないものです。

なぜか?といいますと、人間だれしも自分を肯定的に考えないとやっていけませんもの。それに、自分を否定的に考えている方は、自信を持てず、魅力的には見えません。ですから、ご自分のことは、せめて普通だと思っていただきたいと、私は心から思っています。

自己肯定は、必要です。ですが、あまりにも自己評価が高い人は、なかなかご縁に恵まれないなぁ~と感じています。これまでのブログの中でも書きましたが、自己評価は、あくまでも自分の中の評価です。基本的に評価は、他人がするものです。彼女がお相手を評価するように、お相手から彼女は、評価されているわけです。

まとめ・・・普通という言葉ではなく具体的に

彼女の言う「普通」は、彼女の考える普通ですから、ぜひ、具体的にあなたの考える普通をしっかり話してください。そうすることで、彼女が探そうとしている人のイメージや人物像が探しやすくなるわけです。実際、相談所で活動しだすとこの人じゃなくて、あの人じゃなくてとなり始めます。どの方も彼女の普通からは離れてないけどと私から見ると思うわけですね。

時々「普通の人でいいので、具体的にといわれてもよくわかりません」とおっしゃる方がおられます。これは、「誰でもいいわけじゃないけど、具体的になんて考えたこともない」ということのようです。そのうちに目の前に誰かが表れるかもと思っていませんか?30数年間そう思ってきて待って、現れなかったのに、これから先現れるのかな?と思いませんか?結婚したいと思っているのなら、待つだけはやめにしませんか?

結婚をしたいと思っている方は、自分が楽でいられる人、日常を一緒に歩いてくれて寄り添い合える人を探しに来ませんか?結婚したい人がいる場所が結婚相談所です。

#結婚相談所
#婚活パーティー
#お見合い

おすすめの記事