水無月
水無月
水無月

水無月

福岡は、宗像市の結婚相談所を運営している、ブラダルサロンPineの安永です。

今日から6月ですね。ずっと思っていたのですが、6月は、旧暦でいうと「水無月」と書きます。梅雨時だし、水いっぱいだよね思って調べてみましたら、なんでも「無」は「の」の意味があるそうです。なので「水の月」という意味なのだそうです。

また、6月は、この時期に結婚すると幸せになれるという「Juneブライド」の月でもあります。昨年、ご成婚されて方々の中に今月を予定されてあった方がありましたが、コロナの影響で11月に延期をきめられたとのことでした。11月もご結婚にちょうど良いシーズンですね。実は、私も11月23日が結婚記念日で、わたくしの両親の結婚記念日も11月23日でした。彼女たちも11月23日にお式を挙げられるそうです。きっと末永くお幸せな家庭を築かれることと思います。

コロナで家庭の存在意義を実感した方、パートナーとの距離感など、人といろんなことを分かち合うことの難しさを感じた方も多かったのではないでしょうか?夫婦といえども元々は他人です。相手の領域に立ち入りすぎない、相手を監視しない、自分が正しいと思っていても相手に押し付けない。これが、長続きの秘訣です。たとえ相手が距離感を間違えたとしても、水に流して、許し合う気持ちが大事です。

東京でも今日からステップ2に入るようです。長い目で見てコロナと付き合っていかないといけないのかなと思いつつ、家庭の中にコロナを持ち込まない、持ち込ませないを励行して元気に再発進してまいります。

ご自分の家族を持って自分の居場所づくりを一緒にできる方を探しにきませんか?あなたの婚活をフルサポートさせていただきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事