福岡の宗像市、福津市の方を中心にご縁のお世話をしています。ブライダルサロンPineでカウンセラーをしている安永です。以前、ご成婚が決まるまでには、何回くらいお見合いすればいいのかな?という疑問にお答えするブログを書きました。今回は、お見合いをするかどうかを判断するときの心構えについて書いてみました。

お問合せ

データは、しょせんデータです

相談所を利用する際に、便利だと思われているのが、データがあらかじめ確認できる点です。確かに、気になる年齢だったり、婚歴だったり、年収など様々なデータは、お見合いをするかどうかの判断材料になります。でも、データは、しょせんデータです。

ご入会時点のお写真ですし、年収です。これから先もずっと年収が変わらないなんて保証は、どこにもありません。これは、誰にでもいえますし、恋愛でもお見合いでも同じことです。また、お写真も写り上手な方、下手な方、お写真がものすごくよすぎてもギャップが生じて上手くいかないことも多くあります。

データでぜひ、気にしていただきたいのは、趣味などご本人の行動や価値観などが分かる項目です。データの中でこれから先もずっと変わらない項目は、生年月日だったり、血液型、婚歴、家族構成といった情報になります。

喫煙も「絶対無理!」とおっしゃっていた女性会員様が、すこしガードを緩めて禁煙チャレンジ中の方とご縁になったケースもあります。データでどうしても譲れない!と思っておられる部分があれば、それは、1つか2つに絞った方が、ご自分が動きやすいです。それ以外は、すこし、手綱を緩めて受け入れることもご縁につながりやすくするコツです。

もちろん、妥協はしないと決めて、頑張る方も応援させていただきますよ。

まずは、会ってみるところから

お見合いをする時にお見合いセッティング料がかかるシステムを利用している方は、やはり、お金がかかることなので、無駄にはしたくないと思われる方も多いのは、理解できます。しかしながら、月に何回お見合いをしても費用が発生しないにもかかわらず、お申込も受けないし、お申込もしないという方がおられます。

そこで、お申込は、されないのですか?と伺ってみると「検索してみましたが、会いたいと思う方がいませんでした」とのこと。え~~130人以上条件に当てはまる方がいるのに、一人もいませんか~!と驚愕する私です。

たくさん過ぎて誰を選んでいいのかわからないというのでもないのだそうです。こうなると私も頭を抱えるしかない状況になります。このケースは、女性に多いケースです。男性から会いたいと思える人がいませんという言葉を聞いたことはありません。

つまり、30数年間生きてきて、お付き合いらしいこともなく、お見合いの機会があっても会いたいと思える方が見当たらず、ということは、「会いたい」という気持ちを持ったことがないので、「会いたい」がよくわからないということのようです。

そんな時は、とりあえず、お見合い料もかからないのですから、「会ってみる」ところから始めてみるべきです。会ってみると案外その方でいいかもしれませんし、「ここが違う」というように具体的なものが見えてくるきっかけになります。

最初からこの人!と構えない

お申込をする時もそうですが、過度な期待は、自分を追い込む原因になります。受け入れてもらえないというように、ついついマイナスの方向へ気持ちが傾いてしまいます。会ってもらえたらラッキーくらいの気持ちで進むと肩の力がぬけて負担を感じずに婚活をすることができます。

お見合いをお受けするかどうかもこの人と絶対結婚しなきゃと考えたら、お見合いなんてできません。もちろん、気持ちが合えば結婚に進む気持ちで会うのが基本で、大原則です。お会いするかどうかの基準は、「この方と一緒にお茶を飲めるかどうか」でお見合いを判断してください。まずは、ご一緒にお茶をいただいて、お話をしてみるところからやってみましょう。

お見合いの時も同様で、「このお見合いで決める」とばかりに会う前から意気込んでしまう方がおられますが、会う前ですから、なんの根拠もありません。意気込んで考えるからお見合いをするかどうかの段階で踏み切れずご縁の糸口さえつかめないことになります。

出会わなければ、その先は、ありません。ご縁は、出会うことからしかつながりません。結婚への意気込みは、大事ですが、意気込みの使いどころは、お見合いをするかどうかではないことを知っておきましょう。

まとめ

お見合いをするかどうかで、迷いすぎないことが大事です。まずは、会ってみること。悪くなければ、2回会って先に進むかどうかを判断しましょう。相談所での結婚までの道筋は、大方決まっていて、次のような流れで進んでいきます。

お見合い⇒交際⇒3~4回お会いしたら、その方との結婚を考えられるかの判断⇒お二人で向き合っての交際⇒プロポーズ⇒ご成婚

このように、動きが大体決まっていますので、この流れに乗ることで自然に成婚へと道筋を進めることができるような仕組みになっています。こまごまとした点は、仲人がいますので、バックアップ体制は万全です。ご一緒にご成婚まで伴走させていただきますよ。