福岡の宗像市で結婚相談所ブライダルサロンPineを運営していますカウンセラーの安永です。

お問合せ

私たち仲人は、ご結婚を希望されるご本人様からのご相談をお受けしておりますが、時には、親御様からの切実なご相談をお受けすることもよくあります。生まれてこの方、歩いた、立った、七五三、幼稚園、小学校・・・と、いろいろあったけど、普通に育ててきたのに、どうしてご縁がないのかな?と夜も眠れないくらいに悩まれる方のお話もよく聞きます。と申しますか、私もその中の一人だったのです。

なぜ、結婚してほしいのか

親御さんのセミナーや相談会で親御さんにお尋ねするのが「どうして結婚してほしいと思われるのですか?」という質問です。立派な大学を出られて、きちんとお仕事も真面目にされているお子様を持たれている親御さんがほとんどです。結婚していない以外は、特に不満はないとおっしゃいます。

親御さんたちが、口をそろえておっしゃるのが、「私たちがいなくなった後、あの子は一人でどうしていくのかと心配です。」というお気持ちです。実際に親御さんをなくされて広い家に一人残され、ふと寂しさを覚えて相談所のドアを叩かれる方も多くおられます。そうなんです。お一人だと、ご家族はどんどん少なくなるばかりで、支え合える人が誰もいないという状況になります。

その他にもいろいろとご意見があります。
・孫の顔が見たい
・世間体が悪い
・家系が絶える
・墓を守ってほしい

などなど、いろいろなご意見が出てまいります。私も結婚は是非、してほしいと思っています。でも、様々な考え方、生き方がありますから、一様に結婚はするべきと強制するものではありません。生き方を選ぶのは、その人自身、そして、二度と後戻りできないのが人生です。あの時、ああしておけばよかったは、ありません。

親のエゴを押し付けないで!

私は、親御さんの結婚をしてほしいという理由で、親のエゴでないのは、「支え合えるパートナーを得てほしい、一人ぼっちにしたくない」というものだけだと思っています。後者に挙げた理由は、大なり小なり、親のエゴだと思います。世間体が悪いは、現在ではないと思います。だって、男女合わせると生涯独身率は、約30%あるのですから。

あと、お子様の年齢に合わせて、諦めざるを得ないこともあります。例えば、「孫の顔が見たい」と「家系が絶える」は、息子さんの年齢が50代なら、その希望をかなえられるお相手は、選びにくく、ご縁が遠のく要因になります。このブログでも何度も書いていますが、30代の女性にとって50代の男性は、対象になりにくいのが実情です。

お子様も大変です

はたして、50代でお子様を持つことが現実的にどうなのでしょうか?50歳で婚活を始めても、お相手が見つかり、お式を挙げて、お子様が順調に生まれることを考えると最低でも3年はかかります。(これは、20代の方と同じで変わらないと考えた場合ですね)すでに53歳です。一般企業では、55歳で役職から外れることも珍しくなく、収入が減る方も多くおられます。

また、65歳が定年としますと、小学校卒業と同じころになります。ここから、さらに資金面では、教育費、ご自分の老後資金の準備、親御さんの介護の負担とトリプルケアの心配も出てきます。親御さんは、「うちの息子は、貯金もできているはずだし、そのくらいは、大丈夫。それに私たちは、子供の世話になろうとは思っていない」と豪語される親御さんもおられます。でも、年齢を重ねるとお気持ちも弱くなり、車の運転もおぼつかなくなると「ちょっと病院に連れて行ってほしい」など、資金面ではなく、時間的な負担をかけることにもなります。

まとめ

お嬢さんをお持ちの親御様は、出産年齢など、お子様を持てる期間が目に見えますし、姓が変わることもあり、過大な期待を持っておられない親御様も多くおられますが、やはり、養子をと言われる親御さんもいまだおられます。

お子様にどのような期待をかけるのも、希望をお持ちになるのも自由なのですが、お子様の真の幸せはどこにあるのかを今一度お考えいただけたらとお世話をする中で感じております。

親御さんの一番の願いは、「支え合えるパートナーを得てほしい」というお子様の未来を考えた真剣な願いで、「できれば・・・」と夢が広がるのだろうと理解してはおります。しかし、お子様にとっては、婚活のしにくい、何度申込しても断られてしまう状況を生み出す原因になり、婚活に疲れてしまい、パートナーを得ることを諦めてしまっては、本末転倒ではないでしょうか?

パートナーを得て、支え合える家庭を作ってほしいと思われましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

#お見合い結婚

#結婚相談所

 

お問合せ